エアコンクリーニングをオススメしない〇〇〇な理由!

さん、こんにちは。

今日は私たちの生活に欠かせないエアコンについて考えてみましょう。暑い夏、寒い冬、エアコンは私たちの快適な生活をサポートしてくれます。しかし、そんなエアコンのメンテナンスは適切に行われていますか?


特に、エアコンの「分解洗浄」について、皆さんはどのように考えていますか?プロの手によってエアコンがピカピカになる...それは魅力的に思えますよね。しかし、本日はそのエアコンの分解洗浄、特にプロの手によるエアコンクリーニングをオススメしない理由について、個人的見解をお話したいと思います。

よくお客様に聞かれる事をQ&A方式で書きました。


---

Q1: なぜエアコンの分解洗浄を避けるべきなのでしょうか?


A: エアコンの部品は多数プラスチックを使用しています。プラスチックは年月をかけて劣化してしまい、分解洗浄をする際に部品に損傷を与えたり、変形させてしまう可能性があるからです。


---


Q2: 分解洗浄に使用する薬剤にはどのような問題があるのでしょうか?


A: 分解洗浄にはアルカリ製の薬剤が使われます。中和作業が十分に行われないと、エアコンのアルミフィンに白サビが発生し、それが脆くなってしまうことがあります。


---


Q3: どのくらいの頻度でエアコンの清掃を行うべきですか?


A: エアコンの使用環境によりますが、自動お掃除機能がない機種では2〜3ヶ月に1度の清掃が必要です。自動お掃除機能がある場合でも、半年に一度はダストボックスの清掃やフィルターの洗浄が必要となります。


---


Q4: どのような問題が清掃を怠ると発生しますか?


A: エアコンのフィルターやアルミフィンが詰まると、風の強さや部屋の温まり方、冷え方が弱くなります。また、エアコンは部屋を設定温度にするために多量の電力を消費し、結果的に電気代も高くなります。


---


Q5: 分解洗浄を行うと何が起きるのでしょうか?


A: 分解洗浄後には水漏れや基盤の故障、ルーバーが動かなくなるなどの故障が頻発します。



これらのQ&Aを通して、「エアコンクリーニング(分解洗浄)をオススメしない理由」についてご理解いただけたことと思います。エアコンは便利な存在ですが、それだけに適切なメンテナンスが必要です。


分解洗浄は故障のリスクを伴うため、日々の適切な清掃が何よりも大切です。これを実践することで、エアコンの性能を維持し、寿命を延ばし、快適な生活空間を保つことが可能となります。


皆さまも是非、今回の内容を参考にエアコンのケアを心がけてみてください。安心して快適な生活空間を維持するために、大切なエアコンのケアを怠らないようお願い申し上げます。


それでは、次回も皆さまの生活を豊かにするための情報をお届けします。お楽しみに!


---