水銀灯からLEDへ変えた場合電気料金がどの位下がるかChatGPTに試算させてみたら、年間〇〇万円も安くなる結果に!!

いつも弊社株式会社コバデンのブログをご覧頂き誠に有難う御座います。

今回はアパートやマンション、集合住宅の駐車場でよく見かける、水銀灯をLEDにした場合、どの程度電気代が安くなるか、簡単に纏めて見ました。

以下の文章はopenai社のChatGPTに指示をして書いてもらっています。



算定条件:


本提案における電力費用の計算は以下の条件に基づいています。


使用する照明器具は250Wの水銀灯12台と60WのLEDランプ12台です。

これらの照明器具を1日12時間使用します。

電気料金は次の料金プランに基づいています:東京電力従量電灯B(2023年5月現在)

1段階目料金:1kwhに対して0〜120kwhまでの単価19.91円

2段階目料金:1kwhに対して121kwh〜300kwhまでの単価26.49円

3段階目料金:1kwhに対して301kwh以上の単価30.60円

以上の条件をもとに、年間の電力使用料を算出しました。実際の電力料金は、使用条件や電力会社の料金プランにより変動する可能性がありますので、ご了承ください。


Point(主張):


60WのLEDランプに交換することで、年間の電気使用料が大幅に削減できます。


Reason(理由):


LEDランプは水銀灯に比べて消費電力が大幅に少ないからです。具体的には、250Wの水銀灯を60WのLEDランプに交換すると、電力消費量は約1/4になります。


Example(具体例):


例えば、250Wの水銀灯12台を1日12時間使用する場合、年間の電気使用料は約372,300円になります。一方、同じ条件で60WのLEDランプを使用した場合、年間の電気使用料は約72,900円になります。つまり、水銀灯からLEDランプへの交換により、年間で約299,400円の電気料金を削減することができます。


Point(再度主張):


したがって、電気使用料の削減を目指すなら、60WのLEDランプへの交換を検討すべきです。このようなエネルギー効率の良い選択は、環境にも優しく、長期的に見てコスト削減につながるだけでなく、持続可能な未来への投資にもなります。


※AIはここまで


最近は水銀灯をLEDに変えて欲しいという依頼が多くなっています。

皆様の節電意識が高いと感じています。

弊社取扱のLEDランプは40000時間(約10年)〜50000時間(約12年)程度使用出来る物を使用していますが、照明のランプ交換及び接続工事のみ(ポールやランプホルダー等は再利用)の場合およそ1年半〜3年程度で元が取れる事が多いです(電力プランにもよります)

保有している物件に水銀灯を使用している、大家さんやオーナー様、

照明をLED化した際の次の電気代の請求が安くなっている事にビックリするはずです。

現状ランプは2〜3日で手に入りますが、品薄になってしますと納期が未定になってしまう事が多々あるので、お早めにお問い合わせ下さい。


ここまで読んでくれてありがとうございます。